医療保険を見直しの見積もり

毎月の保険料は大きな支出です。今まで意識をしていなくてもライフスタイルの変化と共に大きな痛手になることがあります。我が家の場合、住宅ローンをきっかけに保険の見直しをおこなうことにしました。住宅ローンが、これからの夫婦の生活のこと、子どもたちの教育費のことも考え、支出を見直すいい機会になりました。我が家ではまず保険見積もりをおこなうことにしました。いざ、保険見積もりをしようと考えたときに真っ先に思い浮かんだのが、医療保険。幸いにも健康だったため、医療保険に入り直すことが容易だったことも選んだ理由でした。

実は、結婚以来、医療保険を見直したことはありませんでした。実際、自分がどんな医療保険に入っているかもよくわかっていません。そんな状態の中、保険見積もりをおこないました。すると、びっくり。この10年間で保険の内容も大きく変わっています。入院費の日額がアップしていることもさることながら、最先端医療への備えなども充実していました。単純に医療保険を安く済ませたい一心でしたが、自分が入っていた医療保険が今の医療保険に比べて劣っていることを発見。今回の保険見積もりで保険料を下げることはもちろん、医療保険の内容も充実し、納得の結果になりました。






生命保険等の保険を誰に対してどのように相談しますか。ライフプランの悩みが残らないように済ますことについてあらかじめ考えておけば心配するほどではありません。生命保険のファイナンシャルプランナー・FPと呼ばれる人も増えているようです。コンサルティングの結果次第でどんなプランの生命保険による保障になるるかが決まります。ファイナンシャルプランナーと生命保険を考えましょう。ファイナンシャルプランナー・FPをネットで探しましょう。-